Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

Google デジタル ワークショップで WEBマーケティングの基礎は完璧!

更新情報
2018年12月初旬、「Google デジタル ワークショップ」がリニューアルされました。
新しいコースが増設!Google デジタル ワークショップがリニューアル もし、よろしければ、こちらの記事も併せてお読みください。

先週末、なんとなく暇だから受講した「Google デジタル ワークショップ」の内容がすごくよかったので、今回はそのご紹介をします。

このコンテンツの受講ターゲットですが・・・

公式サイトでは
学生や就職活動の人など、新しい知識を身につけて今後のキャリアへ活かしたい方
と謳っています。

私はすべてのレッスンを受講しましたが、WEB業界に携わる方はもちろんのこと、WEBサイト(ブログ・HP)をお持ちの方にも、有益な情報がたくさんあるので、ぜひ受講いただきたい内容だと思いました。

もしかすると、あなたが今悩んでいることを解決するキッカケになるかもしれませんので、詳しい内容についてご紹介していきますね。

Google デジタルワークショップ とは

Google が提供している 「Web マーケティングに関する無料の e ラーニング」です。

たとえば

サイトを持っているのであれば

  • 見つけてほしい(アクセスしてほしい)
  • アクセス解析の仕方が知りたい

店舗を経営しているのであれば

  • 近隣住民にリーチしてほしい(情報が伝わってほしい)
  • 広告掲載で優良顧客をゲットしたい

と思うのは当然のはず。

このような気になる内容(知識)を、無料で学ぶことが出来ます。

Twitter(ツイッター)での広告

デジタル マーケティングの基礎から高度なスキルまで、まとめて学べる無料 e ラーニング。全26コースに合格すると Google の公式認定証を取得できます。現在の自分のスキルレベルを確認するツールとしても使えます。

と紹介されております。

カリキュラム

7つにカテゴライズされており、全26章、106レッスンで構成された e ラーニングです。(2018年11月12日時点)

カテゴライズされたものを列挙してみると

  1. ビジネスでオンラインを活用する
  2. ウェブ上で簡単に見つけてもらえるようにする
  3. ソーシャル メディアやモバイルで、近隣地域のユーザーにより多くリーチする
  4. 広告掲載でより多くのユーザーにリーチする
  5. ウェブ トラフィックをトラッキングして分析する
  6. オンラインで商品やサービスを販売する
  7. ビジネスをグローバルに展開する

となっております。

更新情報
2018年12月初旬の最新版では、以下の14個にカテゴライズされております。

  1. デジタル マーケティングの基礎
     モジュール: 26 時間: 40h
  2. ビジネスをオンラインで展開
     モジュール: 7 時間: 3h
  3. オンラインで自身のビジネスを見つけてもらう
     モジュール: 4 時間: 3h
  4. オンライン広告でビジネスを宣伝
     モジュール: 5 時間: 3h
  5. ビジネスを他国に拡大
     モジュール: 1 時間: 1h
  6. モバイルを通じてユーザーと繋がる
     モジュール: 2 時間: 1h
  7. コンテンツを通じてビジネスを宣伝
     モジュール: 4 時間: 3h
  8. 顧客のニーズとオンラインでの顧客の行動を把握
     モジュール: 3 時間: 1h
  9. セルフ プロモーションで自信をつける
     モジュール: 1 時間: 1h
  10. キャリアップに役立つスキル
     モジュール: 1 時間: 1h
  11. プログラミングの基礎
     モジュール: 1 時間: 1h
  12. 仕事の生産性の向上
     モジュール: 1 時間: 1h
  13. 機械学習の基礎
     モジュール: 1 時間: 1h
  14. オンライン ビジネスのセキュリティの向上
     モジュール: 1 時間: 1h

パッと見でも、気になるタイトルがチラホラあるはず。

早速、それぞれについて、どんな内容が学べれるかご紹介していきますね。

ビジネスでオンラインを活用する

WEBサイトを立ち上げようと考えている方、すでにサイトをお持ちの方全般的に、サイトを持つ意味意義からその仕組みや構成など基本中の基本を丁寧に解説ししています。

各章のレッスンの詳細内容は以下のとおりです。

インターネット上でのビジネス機会

  1. デジタル ワークショップについて
  2. インターネットのメリット
オンラインで成功するための第1歩
  1. オンラインの目標
  2. インターネット上に拠点を作る方法
  3. ウェブサイトにお客様を集める方法
  4. ウェブサイトの分析と改善
ウェブサイトの活用
  1. オンラインでの集客について
  2. ウェブサイトの仕組み
  3. ウェブサイトの構成
  4. ウェブサイトをビジネスに活かす方法
  5. ウェブサイトを使いやすくするための工夫
  6. 良いウェブサイトとは?
オンライン ビジネス戦略の策定
  1. オンライン ビジネスにおける戦略
  2. ビジネスのオンライン展開
  3. 顧客行動の理解
  4. 競合相手と差別化する方法
  5. 目標設定による業績の改善

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

ウェブ上で簡単に見つけてもらえるようにする

SEO 対策するためには、まず検索エンジンの基礎・仕組みを知る必要になります。

その後、SEO 対策に関する「目標や計画」の立て方やツール(Search Console)の紹介。

さらには、検索連動型広告についても触れ、あなたのサイトへアクセスするためには、どういうことを行うべきかを説明してくれます。

なお、各章のレッスン内容は以下のとおりです。

検索エンジンへの対応

  1. 検索エンジンの基礎
  2. 検索エンジンの仕組み
  3. 検索エンジンによるウェブサイトの把握方法
  4. 自然検索について
  5. 検索連動型広告について
  6. Google Search Console
検索で見つけてもらう方法 (SEO 第1章)
  1. 検索エンジン最適化 (SEO) について
  2. SEO の計画の立て方
  3. SEO を継続的に行う重要性
  4. キーワードの選択方法
  5. SEO の目標設定について
検索の有効活用 (SEO 第2章)
  1. ウェブサイトの最適化について
  2. あなたのウェブサイトと他のウェブサイトの関係性
  3. 海外を視野に入れた SEO
検索連動型広告で情報を伝える方法 (検索連動型広告 第 1 章)
  1. 検索連動型広告の紹介
  2. 検索連動型広告のオークションの仕組み
  3. 検索連動型広告の効果的なキーワードについて
  4. 有効な広告文の選び方
検索連動型広告の改善 (検索連動型広告 第 2 章)
  1. 検索連動型広告の構造と、関連性を重視した広告文の作り方
  2. 効果的な広告キーワードの設定方法
  3. キーワードのマッチタイプ
  4. コンバージョンを計測する方法

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

ソーシャル メディアやモバイルで、近隣地域のユーザーにより多くリーチする

現在地から店舗へのアクセス方法を手軽に呼び出すなど、実店舗を経営されている方に特化した内容となっております。

ただし、本カテゴリー内では、「ソーシャル メディアの始め方」や「活用方法のご紹介」があったり、スマホ対応必須の今の時代で、「スマートフォンのポテンシャル」や「スマホ用の広告」の説明もありますので、うまく取捨選択して学習してください。

各章のレッスン内容は以下のとおりです。

実店舗ビジネスのインターネットの始め方 (実店舗ビジネス 第 1 章)

  1. 実店舗ビジネスのインターネット活用法
  2. 地域情報サービスについて
実店舗ビジネスのインターネット活用方法 (実店舗ビジネス 第 2 章)
  1. 実店舗向け広告の基本
  2. 携帯電話を利用しているお客様の来店を増やす方法
  3. 実店舗のための検索エンジン活用法
ソーシャル メディアの始め方 (ソーシャル メディア 第 1 章)
  1. ソーシャル メディアについて
  2. 目的にあわせたソーシャル メディアの選び方
  3. ソーシャル メディアの計画の立て方について
  4. ソーシャル メディアの活用方法
ソーシャル メディアの活用方法 (ソーシャル メディア 第 2 章)
  1. ソーシャル メディアを長期的に運用する方法
  2. ソーシャル メディアの有料広告
  3. ソーシャル メディアの効果を測定する方法
  4. ソーシャル メディアの落とし穴
携帯電話 (スマートフォン) の可能性について
  1. 携帯電話の進化
  2. 携帯電話向けのウェブサイト構築
  3. 携帯電話向けのウェブサイトとアプリの違い
携帯電話 (スマートフォン) 向け広告
  1. 携帯電話向けの広告
  2. 携帯電話向けの検索連動型広告について
  3. 携帯電話向けのディスプレイ広告について
  4. 携帯電話向けのソーシャル メディア広告
  5. 携帯電話向けの動画広告
コンテンツ マーケティングの実施
  1. コンテンツ マーケティングについて
  2. オンライン上でのユーザー像の把握
  3. コンテンツの目的に適したフォーマットの選択
  4. オンライン上のユーザーに向けた記事の作成
  5. オンラインでコンテンツを見てもらうために
  6. コンテンツ マーケティングの効果測定

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

広告掲載でより多くのユーザーにリーチする

メルマガをはじめ、サンプル提供、プレゼント企画等で、リスト集めてビジネスされている方には、どれも外せない内容になっています。

各章のレッスン内容は以下のとおりです。

メールマガジンの活用

  1. メールマガジンの基礎
  2. メール配信システムの機能
  3. メールマガジンの作成方法
  4. メールマガジンを成功させるための戦略
  5. メール マーケティングの効果測定
ディスプレイ広告の始め方 (ディスプレイ広告 第 1 章)
  1. ディスプレイ広告について
  2. 検索連動型広告とディスプレイ広告の違い
  3. ディスプレイ広告の運用方法
  4. キーワードの選択方法
  5. SEO の目標設定について
ディスプレイ広告の活用方法 (ディスプレイ広告 第 2 章)
  1. ディスプレイ広告の目標を達成する方法
  2. ディスプレイ ネットワークの仕組み
  3. リターゲティングについて
動画の有効活用
  1. インターネット上での動画の普及
  2. 動画をビジネスに活用する方法
  3. 動画作成のコツ
  4. インターネット動画の視聴者を増やす方法
  5. 動画共有サイトにおける広告手法
  6. 動画の効果を計測する方法

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

ウェブ トラフィックをトラッキングして分析する

WEBサイトを持っている方は、同時に、Google Analytics(アナリティクス)、あるいは同等の解析ツールを使用しているはず。

その際、どのデータをどのように分析するのかというものをハッキリ答えられる人は少ないと思いますが、本カテゴリーでは、その指標となる基礎知識を修得できます。

各章のレッスン内容は以下のとおりです。

ウェブサイトの分析の始め方 (ウェブサイトの分析 第 1 章)

  1. ウェブサイトの分析方法
  2. ウェブサイトの分析をビジネスに活用する方法
  3. ウェブサイトの分析を活用するための目標設定
ウェブサイトの分析の活用方法 (ウェブサイトの分析 第 2 章)
  1. 検索結果からのアクセス解析の方法
  2. 検索連動型広告を活用するための分析ツールの使い方
  3. セグメンテーション
データ分析によるインサイトの発見
  1. ユーザーを知るためのデータ活用
  2. データサイクルの把握
  3. データに基づいた実践的なインサイト
  4. スプレッドシートによるデータ管理
  5. データのわかりやすい提示

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

オンラインで商品やサービスを販売する

ネット上で、グッズや情報を売る方には、どれも押さえておきたい内容です。

各章のレッスン内容は以下のとおりです。

e コマースの構築

  1. e コマースについて
  2. e コマースでの注文と決済について
インターネット上での販売促進
  1. 理想的な e コマース体験の実現
  2. EC サイトにおける商品の宣伝方法
  3. e コマース のためのリターゲティング

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

ビジネスをグローバルに展開する

私もよく海外サイトで買い物をしますが、今後ビジネスの対象は、ますます外に向いて行くでしょう。

日本では常識に行われていることが、海外では非常識になることだらけです。

海外進出を考える前にどんなことに気をつける必要があるのか、どんな準備が必要なのかについての視点を得ることができます。

各レッスンの内容は以下のとおりです。

海外への展開

  1. 海外向けマーケティング活動
  2. 新しい市場を見つける方法
  3. 翻訳とローカライゼーション
  4. 海外での広告戦略
  5. 海外進出の際に考慮すべき点
  6. 海外進出の際の技術的側面について
  7. 海外のお客様に商品を届ける方法

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

受講の流れ

続いて、初めて受講するにあたって、どんな流れで進めていくのか、ご紹介していきますね。

STEP.2
受講者の情報登録
「Google アカウント」か「メールアドレス アカウント」で受講者の情報登録を行います。
STEP.3
レッスン スタート
1つのレッスンは「解説動画」と「確認テスト」で成り立っています。1レッスンは、だいたい5〜10分程度で、ちょっと空いた時間があるときに手軽に学べる形態になっております。
STEP.4
章末問題に挑戦
各章のレッスンをすべて修了したら、章末問題にチャレンジします。
STEP.5
最終試験を受ける
全7章の章末問題に合格したら、最終試験にチャレンジします。
STEP.6
「デジタル マーケティングの基礎」試験合格の認定証をダウンロード
最終試験に合格したら、認定証をダウンロードできます。

ザッと流れを掴んだところで、実際に受講するための順序を詳しく説明していきますね。

サイトへアクセス

1. Google デジタルワークショップ ページにアクセス
URL:https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp

2. 右側にある「ログイン」ボタンをクリック

受講者の情報登録

1. ログイン方法の選択画面が表示されます

2. 「「Google」でログイン」を選択

もしGoogleアカウントをお持ちでない場合
下記記事を参考に取得することをオススメします。Google Analytics(アナリティクス)や、Google Search Console(サーチコンソール)など、有益なツールを使う際に必要になります。
Google アカウントの新規作成方法について

3. 以下のような画面が切り替わります

4. [メールアドレスまたは電話番号]の枠に、「メールアドレス」を入力し、「次へ」をクリック

5. 「パスワード」を入力し、「次へ」をクリック

6. 「2段階承認プロセス」で証明します
  ※今回は、「2段階承認プロセス」で行いましたが、ご自身の使い慣れている方法を選択してください。

7. スマホ側で、内容を確認し問題がなければ、「はい」をクリック

8. ユーザー登録画面に切り替わります

9. 名前を入力します
  ※姓名が逆になっておりますが、名に「苗字」を、姓に「名前」を入力してください。

10. お知らせメールの設定になりますので、必要なものだけ「はい」にチェックを入れてください

11. 最後に「次へ」をクリック

レッスン スタート

1. 学習メニュー画面に切り替わります

2. 右側にある「学習を始める」をクリック

3. 以下のような画面になります

4. 画面の下にある「Google servers cookies to analyse traffic to this site. Information about your use of our site is shared with Google for that purpose.(トラフィック分析のため、Googleと情報共有する)」とありますので、「OK, GOT IT」をクリック

5. レッスンを受ける前の簡単な説明が出ますので、読んでおきましょう

6. ダッシュボードで学習状況を管理できる旨が書かれており、説明は以上になるので、「スキップ」をクリック

7. レッスン「1. デジタル ワークショップについて」の画面に切り替わります

8. 右画面は「上部:解説動画」「中部:説明を表示、確認度をチェックする(確認テストのリンク)」「下部:学習のポイント+説明(非表示:動画の文字起こし)」の3つで構成されています

説明文について
説明を表示する」をクリックすると

動画の内容を文字起こししたテキストが表示されます


9. 動画を視聴(画面をクリック)
※1本の動画の時間は、だいたい5分前です(短いものだと3分、長いものでも8分だったと思います)

10. 動画を再生すると、左側の欄の「レッスンを見る」にチェックがつきます

11. 動画を見終えたら、確認テストを行うために「理解度をチェックする」をクリック

12. 理解度チェックの問題が表示されます

13. 問題を解き、「解答する」をクリック

14. 正誤の判定が出ます

正解の場合は、問題の解説および、実践アドバイスが表示されます。もし外れの場合は、問題画面に戻り、再度問題を解答することになります。

15. 「次のレッスン」をクリック

章末問題に挑戦

1. 章のレッスンをすべて消化したら、「章末問題に挑戦してみましょう。」と表示されますので、「章末問題」をクリック

2. 問題を解いていきます

3. 全問正解すると、「この章の学習を完了しました」と表示が出ます

1問でも不正解があると、問題画面に戻り、再度問題を解答することになります。

4. なお、下にスクロールすると、問題の解説が出てきます。もし、答えが違う場合は、問題のポイントが表示されます。

5. 次の章の学習に進んでいきます

最終試験を受ける

1. 全26章、106つのレッスンをすべて修了すると、最終試験を受けることができます。ダッシュボードから「最終試験を受ける」をクリック

2. 最終試験の設問は【40問】で、合格ラインは【32問(80%)】になります。(2018年11月12日時点)
なお、時間の制限はないので、落ち着いて解いていきましょう

3. すべて解答すると、即時で合否がわかります。

合格の認定証をダウンロード

1. 最終試験に合格すると、認定証を発行するための名前の確認を行う

2. 「次へ」をクリック

3. 「すべて完了です!」と表示されます

4. 「認定証のダウンロード」をクリック

5. 認定証を保存しましょう

6. 最終試験の学習目標別の試験結果を確認できます

7. ダッシュボードに戻り、進捗が「100%」になりました

8. 1サイクル無事終了です

まとめ

ギリギリでしたが、なにはともあれ一発合格できてよかったです(笑)

仕事で携わっている内容がほとんどで、説明がなくても余裕だろうと思っていましたが、過信でした。

無料とは思えないほど内容が充実しており、自分では分かっているつもりでも実は曖昧な理解だった箇所があることに気づけたり、といろいろ収穫があったのが大きかった。1回合格したら、ハイ終わりではなく、定期的に受講したいコンテンツですね。

WEB関連の仕事に従事されている方はもちろんですが、店舗やサイト(HPやブログ)を経営されている方にもオススメしたい内容です。すべての項目ではなく、必要な項目を受講して、WEBマーケティングの基礎知識・リテラシーを身につけてください。

無知識で全部お願いします!といった丸投げではなく、基礎知識がある上で、WEBコンサルさんたちに「○○の△△について」といったような具体的な施策や依頼について相談をするほうが、コスパ的・効率的だと思います。

まずは一度、Google デジタルワークショップ ページにアクセスしてみてくださいね。
URL:https://learndigital.withgoogle.com/digitalworkshop-jp

今回も最後までお読みいただきありがとうございました!

受講時のツイートをまとめたモーメント

2018年11月10日〜12日の3日間で、最初から合格まで頑張った履歴として貼っておこうと思います。辛いことがあったとき見直したら、元気になるかなって。