新しいコースが増設!Google デジタル ワークショップがリニューアル

ITリテラシー向上に役立つ教材

2018年も残り僅かですね。

最近は12月の忙しさの中、この1年をふり返ってみて何ができたのか、また年末までにやるべきことを見直しています。

さて、先日。

12月6日「新しいデジタル ワークショップのご案内」というメールが届きました。

↓ ↓ ↓

どんなコンテンツが増えたのか、またどう変わったのか、実際のぞいて、追加されたコンテンツを受講してみましたので、そのレポート。

今回は、リニューアルした「Google デジタル ワークショップ」と「追加されたコンテンツ」のご紹介の記事になります。

MEMO
もし、「Google デジタル ワークショップ って何?」という方は、こちらの記事も併せてお読みください。
Google デジタル ワークショップで WEBマーケティングの基礎は完璧!

新しいデジタル ワークショップのご案内

2018年12月6日に受信した案内メールを一部抜粋してご紹介しますね。

デジタル ワークショップの新しいコースを ぜひ、お試しください
 
●● 様
 
デジタル ワークショップは、キャリアやビジネスの発展に必要なオンライン スキルをいつでも身に付けることができるワンストップ トレーニング ツールです。
 
このたび、デジタル ワークショップのデザインを一新し、新しいコースを増設しました。新たな方法でデジタル スキルが習得できますので、ぜひ、さらなるデジタル スキルの発展にご利用ください。
 
更新内容
  • コース ライブラリの更新
    お客様それぞれの学習目標に基づいて、関連するコースをより簡単に見つけられるようになりました。
  • 一部のトピックに短いコースをご用意
    SEM、ソーシャル メディア、分析などの一部の主要トピックについて、従来よりも短いコースを追加し、基礎知識の習得やスキルアップにご活用いただけるようになりました。
  • 学習経過を記録
    新コースの追加に伴って、新しい学習プランで学習経過をご確認いただけます。
 
ぜひ、今すぐ学習を再開してみてはいかがでしょうか?
 
今後ともよろしくお願いいたします。
 
デジタル ワークショップ チーム
※ブログで見やすいように、一部改行等の編集を加えております。

3つの変更点

上記のメールの内容を要約すると、更新内容は3点。

・ライブラリの更新:コンテンツを探しやすくなった
・トピックの細分化:手軽に学べるようになった
・学習記録機能:学習経過を確認できるになった

一つずつ詳しく見ていきましょう。

ライブラリの更新

google デジタル ワークショップにログインしてみると、だいぶ様変わりしましたね。

続けて、「オンライン コース」をクリックすると、次のような画面になると思います。

一覧をみると、こんな感じ。

項目を書き出すと

  1. デジタル マーケティングの基礎
     モジュール: 26 時間: 40h
  2. ビジネスをオンラインで展開
     モジュール: 7 時間: 3h
  3. オンラインで自身のビジネスを見つけてもらう
     モジュール: 4 時間: 3h
  4. オンライン広告でビジネスを宣伝
     モジュール: 5 時間: 3h
  5. ビジネスを他国に拡大
     モジュール: 1 時間: 1h
  6. モバイルを通じてユーザーと繋がる
     モジュール: 2 時間: 1h
  7. コンテンツを通じてビジネスを宣伝
     モジュール: 4 時間: 3h
  8. 顧客のニーズとオンラインでの顧客の行動を把握
     モジュール: 3 時間: 1h
  9. セルフ プロモーションで自信をつける
     モジュール: 1 時間: 1h
  10. キャリアップに役立つスキル
     モジュール: 1 時間: 1h
  11. プログラミングの基礎
     モジュール: 1 時間: 1h
  12. 仕事の生産性の向上
     モジュール: 1 時間: 1h
  13. 機械学習の基礎
     モジュール: 1 時間: 1h
  14. オンライン ビジネスのセキュリティの向上
     モジュール: 1 時間: 1h

となります。

モジュールを「章」や「カリキュラム」と置き換えると、イメージしやすいでしょうか。

また、時間は1分以上切り上げので、実際の目安は20分だったとしても、ここでは1時間表記になっています。

以前と比べて、モジュール名がシンプルになり、探しやすくなった印象を受けました。

さらに、次項以降で説明しますが、上記の②〜⑧は①を分割したもので、⑨以降のものが、今回新設されたコンテンツになります。

トピックの細分化

たとえば、「デジタル マーケティングの基礎」(上記の採番でいうところの①)をみると


と表示されますね。

モジュールをみると

全部で26個あり、「インターネット上でのビジネス機会」と「オンラインで成功するための第 1 歩」と「ウェブサイトの活用」が表示されていますね。

続いて
「ビジネスをオンラインで展開」(上記の採番でいうところの②)をみると


モジュールをみると

画面に表示されているものだけでも、「インターネット上でのビジネス機会」と「オンラインで成功するための第 1 歩」が重複していますね。

個人的な印象ですが

「デジタルマーケティング」の基礎(概要)を包括的に学習したい場合は、「デジタル マーケティングの基礎」を選び、トピックを一つずつ学習していく。

もしビジネス等で特定のトピックが早急に必要な場合は、その該当するモジュールを選択して学習していく。

と、受講者側の立場からすると、ありがたいですよね。

学習記録機能

僕の場合は、この機能を使う前にすべてのトピックを修了してしまったため、次回以降コンテンツが増設されたときに、より詳細にご紹介しようと思います。

今回は簡単に概要をご説明します。
まず、「プラン」をクリックすると、次のような画面になると思います。

上記画面で学習プランを立てます。

その後、完了すると、このようになります。

進捗を把握する、「現状がどこまで来ていて、残りがどれくらいあるか」を可視化するって、学習に限らず仕事でも大切だと思います。

新しいコースの追加コンテンツ

さて、今回増設されたレッスンの詳細内容について、ご紹介していきますね。

キャリアの展開

転職・就職活動を想定したコンテンツではあるものの、自分の強みや仕事を振り返り棚卸しが出来る内容になっています。

各章のレッスンの詳細内容は以下のとおりです。

自己 PR に自信をつける

「自己紹介は得意ですか?」という問いに、「はい」と自信を持って答えられる人は少ないと思います。

自分 PR というと、就職 or 転職活動用と考えがちですが、サイト(ブログやHP)でも自己紹介をするでしょう。

自己 PR のコンセプト、自己 PR が難しくなってしまう理由、自信と自尊心を高める便利なツールやヒントなど、自分の強みや実績を他の人に伝えるときに役に立つコンテンツになっています。

提供されています各レッスンは次のとおりです。

自己 PR に自信をつける

  1. 自己 PR について
  2. 自分の強みを見つける
  3. 自己 PR の練習方法

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

転職に必要なスキル

自分が仕事をしていく上で何が一番大切なのか?というセントラルクエスチョンから始まり、自分をブランディングしていくワークなど、実用的なコンテンツになっています。

提供されています各レッスンは次のとおりです。

転職に必要なスキル

  1. 仕事探しの最初の一歩
  2. 完成度の高い履歴書と送付状を用意する
  3. 自分をブランド化する
  4. 就職活動を合理的に進める方法
  5. 面接に備える

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

データとテクノロジー

サイトに文字や画像を表示させるためには?という切り口から、「プログラミング」の説明や、仕事の効率化、さらにはAI・機械学習、セキュリティと内容が多岐に渡っています。

各章のレッスンの詳細内容は以下のとおりです。

プログラミングの基礎

「コードって何?」「コーディングって?」など、プログラミングの基礎を丁寧に解説しています。

提供されています各レッスンは次のとおりです。

プログラミングの基礎

  1. コードの概要と仕組み
  2. プログラミング言語について
  3. 暮らしの質を高めるコードの力
  4. コーディング: デベロッパーと各種の業界

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

仕事の生産性の向上

時間管理、タスクの優先順位付けなど、仕事を効率化する方法について丁寧に解説しています。

提供されています各レッスンは次のとおりです。

仕事の生産性の向上

  1. 時間の有効管理
  2. 業務の優先順位付けと委任
  3. クラウドでの共同作業

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

機械学習の基礎

機械学習によって暮らしは?ビジネスは? どう変わっていくのかを丁寧に解説しています。

提供されています各レッスンは次のとおりです。

機械学習の基礎

  1. 複雑化する世界
  2. さまざまな問題の解決
  3. 機械学習をビジネス課題に応用

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

オンライン ビジネスのセキュリティの向上

セキュリティの基礎を丁寧に解説しています。

オンライン ビジネスのセキュリティの向上

  1. オンライン セキュリティについて従業員に学んでもらう
  2. 従業員の端末のセキュリティを確保する
  3. ネットワーク、システム、ソフトウェアのセキュリティを確保する
  4. オンライン ユーザーのセキュリティを確保する

引用元:Google 提供の無料トレーニング コース – Digital Workshop (デジタルワークショップ)

実際に受講してみた

1. google デジタル ワークショップにログイン

2. 「オンライン コース」をクリック

3. 受講したいコースをクリック

※今回は「セルフ プロモーションで自信をつける」で説明いたします

4. 画面に切り替わるので、「無料のコースを開始」をクリック

5. 画面が切り替わるので、「開始」をクリック

6. 画面に切り替わるので、「学習を始める」をクリック

7. 画面に切り替わるので、解説動画を再生し、視聴する

特記事項
2018年12月15日受講時点では、新設された6コース(全23レッスン)のうち、「仕事の生産性の向上」項目の解説動画のみが日本語対応されており、その他の解説動画は、英語でした。
 
説明文(解説動画の文字起こし)はすべて日本語でしたので、英語がわからないという方でも安心して受講いただけます。
 
おそらく、順次日本語verの解説が用意されるのでは?と思っています。

8. 説明文を表示させ、通読する

9. 確認度チェックを行う

10. 各レッスンの確認チェックに合格したら、章末問題に挑戦する

11. 章末問題を解く

12. 合格したら、次のコースにチャレンジ

※今回も、しっかり解説文は健在です


レッスンの進み方は今までどおりですので、安心して学習できました。

前回同様リアルタイムで受講していたツイートをまとめた魚拓。

まとめ

長い記事になってしまいましたので、改めて要点を列挙しておきますね。

  • 今回のリニューアル(変更点)
     ・ライブラリの更新:コンテンツを探しやすくなった
     ・トピックの細分化:手軽に学べるようになった
     ・学習記録機能:学習経過を確認できるになった
  • 新設された6コースのうち、5コースの解説動画は「英語」
  • ただし、説明文(解説動画の文字起こし)は、すべて日本語
  • 英語がわからないという方でも安心して受講いただけます

より使いやすいようにリニューアルされていて、好感をもてました。

また、今回追加された内容が、「個々のキャリアップのため」、「日常の業務効率化」、今後さらに重要性が高まる「機械学習」にも触れており、今後さらにコンテンツが充実していくのだろうとワクワクしました。

もし興味がある項目があれば、お気軽に受講してみてくださいね。