PageSpeed Insights で、サイトのパフォーマンスをチェック

PageSpeed Insightsでページのパフォーマンスをチェック

ブログやサイトにある程度、投稿記事が溜まり始めると、自分のブログやサイトの評価が気になり始めます。

ブログやサイトの評価方法は、さまざまありますが、その代表の1つに『サイトの表示速度』が挙げられます。

今回は、無料測定ツール【PageSpeed Insights】で、サイトのパフォーマンスをチェックする方法をご紹介いたします。

PageSpeed Insights とは

PageSpeed Insights とは、Googleが提供する(スマホ・PCともに)Webページのコンテンツを分析し、『速度』と『最適化』スコアを表示、さらに『最適化についての提案』をレポートしてくれる無料ツールです。

各デバイスのパフォーマンスに関するレポートと、改善方法を確認できます。

実際に、サイトの表示速度をチェックしてみよう

PageSpeed Insights ページにアスセス

下記URLをクリックしてください
https://developers.google.com/speed/pagespeed/insights/

調べたいブログ・サイトのURLを入力

画面が表示されたら、
「ウェブページの URL を入力」の枠に、サイトURLを入力

サイトURLを入力後、「分析」ボタンをクリック

そうすると、分析が開始します

結果のチェックポイント!

最適化スコアは、「0~100」で採点され、スコアが大きいほど良好なパフォーマンスになります。85以上のスコアはパフォーマンスの高いページと評価されるので、できる限り85以上を目指しましょう。

速度の結果が表示されない件について

PageSpeed Insights のよくある質問ページ(https://developers.google.com/speed/docs/insights/faq)にあるとおり、

PSI では Chrome ユーザー エクスペリエンス レポートのデータを使用しており、Google のウェブクローラが認識している代表的な URL について速度のデータが表示されます。ただし、速度のデータがない URL であっても、PSI でページの最適化に関する分析をすることは可能です。

代表的なURL・・・といいつつ、自分のサイトはもちろんのこと、日本の有名企業のサイトを試しに入力してみましたが、どれも表示されなかったので、現時点(2018年10月時点)では表示されないものだと思ってください。

結果(2018年10月21日)

モバイル版の結果

モバイル版の最適化についての提案

画像の、「修正方法を表示」をクリックすると、こんな感じです。

PC版の結果

PC版の最適化についての提案

定期的にチェックしましょう

今回の結果は、70overと、まずまずの数値でしたが、よいとされているボーダーラインの「85」を目指して、定期的にチェックと改善を行っていこうと思います。

なお、改善の施策については、今後ご紹介していきます。

ページ表示の高速化には

後日、サイトパフォーマンスを改善に強力なプラグイン「WP Fastest Cache」をご紹介しましたので、併せてお読みいただけると幸いです!
ページ表示の高速化!サイトパフォーマンス改善は WP Fastest Cache