reCAPTCHAとは|お問い合わせフォームにプログラム設置でスパム撃退

更新情報
reCAPTCHA の最新版「v3」がリリースされました。
reCAPTCHA の最新版は v3|私はロボットではありません はもう古い! こちらの記事も併せてお読みください。

スパム対策は必須

お問い合わせフォームを設置して、暫く経つと、海外からの大量の不要な通知。

そんなときにオススメな対策が、reCAPTCHA を実装することです。

reCAPTCHA (リキャプチャ)とは

一度は「私はロボットではありません」という下記のようなものを見たことがあると思います。

これが reCAPTCHAで、BOT のアクセスから、サイトを守るシステムです。

今回は、Contact Form 7 に、reCAPTCHA を実装する、スパム対策方法をご紹介します。

reCAPTCHA を Contact Form 7に実装するまでの流れ

実装というと何やら「大変!」「めんどくさそう・・・」と思いがちですが、不必要な通知(メール)をいちいちチェックして削除する手間を省けるので、ぜひこの「スパム」対策導入を検討してください。

STEP.1
reCAPTCHAページにアクセス
STEP.2
サイト情報の登録
STEP.3
API情報を取得
STEP.4
Contact Form7に反映
実装完了!

流れを把握したところで、詳細な手順を説明していきます。

reCAPTCHAページにアクセス

1-1. GoogleのreCAPTCHAページにアクセス

1-2. 右上の「my reCAPTCHA」をクリック

サイト情報の登録

2-1. 画面が切り替わると以下のようになると思います

2-2. 下記表に従って、サイト情報を登録していきます

項目名 説明 入力例
Label どのサイト・ページのものか
わかるようにラベル名を指定
contact page
Choose the type of reCAPTCHA 3つのタイプから選択できます Checbox
Domains ドメインを指定します tsucchie.com

2-3. 「Accept the reCAPTCHA Terms of Service.」にチェックを入れる

2-4. 右下の「Register」をクリック

API情報を取得

ページ中段くらいに、Site key(サイトキー)と、Seclet key(シークレットキー)情報がありますので、こちらをメモ帳等にコピー

Contact Form7に反映

4-1. ダッシュボード > お問い合わせ > インテグレーション を選択

4-2. 「キーを選択する」をクリック

4-3. 「STEP3:API情報を取得」でコピーした『サイトキー』と『シークレットキー』を貼り付け、「保存」をクリック

4-4. 「設定を保存しました。」という表示を確認

4-5. ダッシュボード > お問い合わせ > コンタクトフォーム を選択

4-6. 「お問い合わせ」をクリック
*reCAPTCHA を設置したいコンタクトフォームのタイトルをクリック

4-7. フォームの内容を表示されていることを確認

4-8. 「メッセージ本文」と「送信」の間にスペースを作り、『reCAPTCHA』ボタンをクリック

4-9. フォームタグ生成画面が表示されてたら、「タグを挿入」をクリック

4-10. [recaptcha]タグが挿入されていることを確認し、タグで囲み、「保存」ボタンをクリック

4-11. お問い合わせページを開き、「reCAPTCHA」が反映されていることを確認

まとめ

reCAPTCHA は、海外からの不要なアクセスからサイトを守るシステムです。

もし、あなたが Contact Form 7 を利用しているのであれば、ぜひこの機会に reCAPTCHA を導入してみてくださいね。