独自ドメインのメールアカウントを作成するメリットとは

独自ドメインのメールアカ作成

HPやブログなどのWEBサイトを、0から立ち上がる流れについては、下記記事でまとめました。

【2018年最新版】初心者でもできるHP作成の始め方・基本設定!-前編- 【2018年最新】初心者でもできるHP作成の基本設定!-後編-

その後行う、初期設定的なものについても、ご紹介していこうと思います。

さて、今回は「独自ドメインのメールアカウントを作成する方法」をご紹介いたします。

もし、サイト訪問者とやり取りすることを想定していない場合は、この記事は不要かもしれません。

逆に、サイト訪問者とやり取りする場合であれば、続けてお読みいただき、独自ドメインのメールの導入をご検討くださいませ。

独自ドメインメールのメリット

Gmailのアドレスをはじめ、Yahooのアドレスなど、既にフリーメールアドレスをお持ちの方が大半かと思います。

memo
Gmailアドレス(アカウント)取得方法は、こちらの記事をご参照ください。

Google アカウントの新規作成方法について


そんな中、なぜ、「独自ドメインのメールアカウント作成」を薦めるかというと、ちゃんと理由があります。

まずは、そのメリットについてご紹介いたします。

受け取り側の安心感

メールを受信したとき、何がなくしていることですが

「誰から来たのか?」

まず、アドレスを見ます。

企業ならもちろんのこと、個人で情報発信をしている方でも、独自ドメインのメールアドレスから送信されたものだと、確認ができれば安心できるでしょう。

逆に
フリーのメールアドレスだと

「ホントに大丈夫?」
「スパムメールじゃないかな?」

と、不安になるはず。

memo
ドメイン「co.jp」は、登記簿謄本等を提出しなかれば取得できません。

用途に応じて複数作成できる

自分の裁量で必要な用途によって作成することができます。

例えば
お問い合わせ専用アドレスは『info@ドメイン名』
メルマガ(メールマガジン)専用アドレスは『mailmagazine@ドメイン名』
といった感じで管理しやすいと思います。

ものごとには必ず2つ(以上)の側面が存在します。

独自ドメインメールのデメリット

続いては、デメリットをご説明いたします。

ドメインとレンタルサーバー契約は必須

独自ドメインのメールアドレスですので、「独自ドメイン」と「レンタルサーバー」契約は必須です。

もし、どちらか一方でも、契約を破棄した時点で、独自ドメインメールは使用できなくなります。



これをきくと、毎年契約更新し続けなければイケナイの? と思うでしょうが

サイトを運用していなければ、専用のメールアドレスも不要でしょうから、デメリットではないかもしれません。

独自ドメインのメールアカウント作成方法

ここまで読んでいただいた方なら、有用性を感じたのでは? と思います。

それでは次に、独自ドメインのメールアカウント作成の流れをご説明します。

独自ドメインのメールアカウント作成の流れ

STEP.1
サーバーパネルにログイン
STEP.2
設定対象ドメイン切り替え
STEP.3
メールアカウント作成
完了!

それでは、1つずつ詳しくご紹介していきます。

エックスサーバーのサーバーパネルにログイン

1-1. エックスサーバーのHP(https://www.xserver.ne.jp/)にアクセス

1-2. 一番右にある「ログイン」にカーソルを合わせ、「サーバーパネル」を選択

1-3. 「サーバーID」と「パスワード」を入力して、「ログイン」をクリック

*「サーバーID」と「パスワード」は、契約完了時に送られてくるメールに記載しております。

設定対象ドメイン切り替え

2-1. 以下のような画面に切り替わる

2-2. 左下にある「設定対象ドメイン」項目中にある”設定対象ドメイン未指定”を「独自ドメイン」に変えて、「設定する」をクリック

2-3. 右上にある「現在の設定対象ドメイン」が「独自ドメイン」になっていることを確認

メールアカウント作成

3-1. 上部中央にある「メール」の中にある「メールアカウント設定」をクリック

3-2. 以下のような画面に切り替わる

3-3. 「メールアカウント追加」をクリック

3-4. 以下のような画面に切り替わる

3-5. 各項目を以下のように入力

項目 設定内容
メールアカウント info
パスワード 半角8文字以上、15文字以内のパスワードを設定してください
パスワード(確認) 上記と同じパスワードを入力
容量 5000
コメント お問い合わせ専用

3-6. 「メールアカウントの作成(確認)」をクリック

3-7. 「メールアカウントの作成(確定)」をクリック

3-8. 「追加しました。」と表示されたら、無事完了です

まとめ

  • 独自メールアドレス導入のメリット1:受け取り側に安心感を与える。
  • 独自メールアドレス導入のメリット2:用途に応じて複数作成することができる。
  • 独自メールアドレス導入のデメリット:独自ドメイン契約+レンタルサーバー契約が必須。