頻繁に使うタグ・定型文を AddQuicktag に登録すれば執筆スピードUP

おすすめプラグイン

今回は、WordPressをそこそこ使ってきた方へ
頻繁に使うタグ・定型文を登録するだけで執筆のスピードがアップする素晴らしいプラグインをご紹介いたします。

AddQuicktag とは

よく使う HTMLタグ や 定型文 を登録して、編集ボタン欄に追加できるプラグインです。

こちらのプラグインを導入することにより、記事の執筆スピードが格段に上がり、編集時間が短縮しますので、WordPressを使い慣れた方へオススメです。

プラグインのインストール 〜 初期設定

プラグインのインストール方法、各項目の説明、および、初期設定について、1つずつ説明していきますね。

インストール

まずは、インストール方法をご紹介いたします。

1-1. ダッシュボード > 「プラグイン」 をクリック

ダッシュボード

メニューが閉じられた状態 一番下にある▶︎をクリック
 
1-2. プラグイン > 「新規追加」 をクリック

プラグインの新規追加をクリック

1-3. 「プラグインの検索…」の検索枠に『AddQuicktag』と入力

1-4. 検索結果が自動表示されるので、「今すぐインストール」をクリック

1-5. 「有効化」をクリック

1-6. 「プラグインを有効化しました。」が表示されます

各設定の説明

続いて、初期設定に進みたいのですが、さまざまな項目がありますので、まずは説明から行いたいとおもいます。

2-1. プラグイン > 設定 > AddQuicktag を選択

2-2. 下記のような画面に切り替わります

このプラグインの項目は、「クイックタグの追加と削除」、「デフォルトのクイックタグを非表示にする」、「拡張コードクイックタグボタン」、「エクスポート」、「インポート」の5つに分けられます。

クイックタグの追加と削除

クイックタグを追加・編集する場合は、以下の項目を入力します。

ボタンのラベル、ダッシュアイコン、ラベル名(説明)

項目名 説明
ボタン名 (必須項目)表示させるボタン名を指定する
ダッシュアイコン アイコンを指定する
ラベル名 ラベル名を指定する

開始タグ と 終了タグ(s) (説明)

項目名 説明
開始タグ (必須項目)開始タグを指定する
終了タグ(s) 終了タグを指定する

アクセスキーと順番(説明)

項目名 説明
アクセスキー アクセスキーを指定する
終了タグ(s) 順番を指定する

編集・投稿タイプ一覧(説明)

投稿タイプ 説明
ビジュアルエディター ビジュアルエディター
post 投稿ページ
page 固定ページ
attachment メディア編集ページ
comment コメント
edit-comments コメントの編集
widgets ウィジェット
すべての投稿タイプにチェックを入れる

デフォルトのクイックタグを非表示にする

各投稿タイプのエディターでデフォルトのクイックタグを非表示にするには、以下のチェックボックスを選択してください。

ボタン項目一覧(働き・説明)

ボタン タグ 働き・説明
 strong <strong></strong> bold:太字
 em <em></em> italic体(イタリック体)
 link <a href=””></a> リンクの挿入/編集
 block <blockquote></blockquote>

引用・転載の引用符を表示

 del <del></del> 取り消し線
取り消し線を追加
 ins <ins></ins> 追加テキスト
 img <img src=”” /> 画像を挿入
 ul <ul></ul> 順序なし箇条書きリスト
 ol <ol></ol> 順序あり(番号付き)リスト
 li <li></li> リストの項目
 code <code></code> コードを示す
 more <!–more–> 「続きを読む」を表示
 close 閉じタグを挿入
 fullscreen 投稿画面をフルスクリーンに

投稿タイプ一覧(説明)

投稿タイプ 説明
post 投稿ページ
page 固定ページ
attachment メディア編集ページ
comment コメント
edit-comments コメントの編集
widgets ウィジェット
すべての投稿タイプにチェックを入れる

拡張コードクイックタグボタン

拡張コードボタンを追加するには、以下のチェックボックスを選択してください。

pre: 拡張コードボタン
htmlentities: HTML 文字参照、HTML デコード

投稿タイプ一覧(説明)

投稿タイプ 説明
post 投稿ページ
page 固定ページ
attachment メディア編集ページ
comment コメント
edit-comments コメントの編集
widgets ウィジェット
すべての投稿タイプにチェックを入れる

エクスポート

設定ファイルをエクスポートできます。

インポート

他の WordPress サイトで使用している設定ファイルをインポートできます。

初期設定

おまたせしました。初期設定です。

こちらで3つサンプルを用意いたしました。

サンプル1:青マーカー

ボタン名:水色マーカー

開始タグ
<span style="background-color:#DDEEFE;">
終了タグ(s)
</span>

サンプル2:文字大きく

ボタン名:fs+

開始タグ
<font size="+1">
終了タグ(s)
</font>

サンプル3:赤太文字で背景色を黄色

ボタン名:強調

開始タグ
<span style="background-color:#FFFF00;"><font color="red"><strong>
終了タグ(s)
</strong></font></span>

それでは、「サンプル1:青マーカー」を例に、実際登録していく流れをお伝えいたします。

サンプル1を登録する方法

1. プラグイン > 設定 > AddQuicktag を選択

2. 下記のような画面に切り替わります

3. 「ボタンのラベル、ダッシュアイコン、ラベル名」の欄を入力
(今回の例では「水色マーカー」)

●入力前
●入力後

4. 「開始タグ と 終了タグ(s)」の欄を入力

●入力前
●入力後

5. 「アクセスキーと順番」の欄はそのまま

6. 「編集・投稿タイプ」の欄は、一番右の「」の下にチェック

●入力前
●入力後

7. 「変更を保存」をクリック

8. 設定後は、「投稿」や「固定ページ」の編集画面にいくと、以下のように変更されていますので、確認してみてください。

テキストの場合
▼設定前

▼設定後

ビジュアルの場合
▼設定前

▼設定後

追加されたところをクリックしてみると、、、

と、登録した「ボタンのラベル」が表示されます

使い方

前の項目でご紹介したサンプルを3つ追加した状態で使い方をご紹介いたします。

テキストエディターの場合

まず、「投稿」 or 「固定ページ」の編集画面を開きます

サンプル1:青マーカー

1-1-1. 文章を書く

1-1-2. 変更したい箇所をアクティブにする

1-1-3. 「水色マーカー」ボタンをクリック

1-1-4. 無事にHTMLタグが挿入されました!

サンプル2:文字大きく

1-2-1. 文章を書く

1-2-2. 変更したい箇所をアクティブにする

1-2-3. 「fs+」ボタンをクリック

1-2-4. 無事にHTMLタグが挿入されました!

サンプル3:赤太文字で背景色を黄色

1-3-1. 文章を書く

1-3-2. 変更したい箇所をアクティブにする

1-3-3. 「強調」ボタンをクリック

1-3-4. 無事にHTMLタグが挿入されました!


更新画面でみると、こんな感じになります。

ビジュアルエディターの場合

まず、「投稿」 or 「固定ページ」の編集画面を開きます

サンプル1:青マーカー

2-1-1. 文章を書く

2-1-2. 変更したい箇所をアクティブにする

2-1-3. 「水色マーカー」をクリック

2-1-4. 水色マーカーが反映されました!

サンプル2:文字大きく

2-2-1. 文章を書く

2-2-2. 変更したい箇所をアクティブにする

2-2-3. 「fs+」をクリック

2-2-4. 文字が大きくなりました!

サンプル3:赤太文字で背景色を黄色

2-3-1. 文章を書く

2-3-2. 変更したい箇所をアクティブにする

2-3-3. 「強調」ボタンをクリック

2-3-4. 強調された形にされました!


更新画面でみると、こんな感じになります。

サンプル2が小さい。。。
ビジュアルエディターだと「font size +1」は相性が良くないようですので、もともとある「フォントサイズ(px)」で調整してください。

まとめ

WordPressをよく使い込んでいる方ほど、重宝するプラグインだと思います。また、一度「HTMLタグ」を登録してしまえば、ボタンを1クリック完了です。

今回はご紹介しませんでしたが、もし固定文(たとえば、ブログの最後に)『本日は、ブログを最後までお読みいただきありがとうございました。』という決めゼリフがあるかたは、こういった言い回しも登録しておくと便利だと思います。

ぜひ試してみてくださいね。